【ニュース】睡眠不足が多い都道府県ランキング2018

2019年3月18日付のダイヤモンドオンラインに
「「睡眠不足が多い」都道府県ランキング【完全版】」というニュースが。

一般社団法人ストレスオフ・アライアンス による調査結果を元に
春の睡眠の日に合わせて記事になっていました。

平日の睡眠時間5時間未満の人が多いランキング

正確に言うと今回の調査結果は
「平日の睡眠時間5時間未満」の人が多いランキング、のようです。

まずは結果から。

(47都道府県ランキングなので、ちょっと縦に長くなりますがご容赦を)

睡眠時間5時間未満 男性ランキング

男性都道府県別ランキング
出典:一般社団法人ストレスオフ・アライアンス2018年10月30日付プレスリリース

睡眠時間5時間未満 女性ランキング

出典:一般社団法人ストレスオフ・アライアンス2018年10月30日付プレスリリース

寝てない人の割合は男性の方が格段に高い

個人的な感想ですが…あまりにも男女で地域順が異なるので
土地柄による特徴というものはなさそうです。

沖縄県くらいですかね、男女ともに5時間未満率が高いのは。

しかしながら、5時間未満の睡眠時間って
男性の方が圧倒的に割合が高い!

体力的な面もあるのかもしれませんが…
男性ランキングでは、5時間未満の睡眠時間が20%以上というのが29都府県!
日本国内の47都道府県の半数以上の地域で、5人に1人。

女性は1位でも20%未満なんですけどね。

しかし、家事の分担で言うと
まだ女性の方が担っている割合が高いのに
男性の方が睡眠がとれていないなんて
男女別1日の時間の過ごし方とか
女性の就業状況等ちょっと気になります。

ちなみに私は熊本在住のため
やはり熊本県や九州各県の数字も気になっちゃったりしますが
熊本県は男性ワースト5の23.7%、女性22位の14.9%となっていました。

佐賀県は男女のランキング順位には開きがありますが
男女の比率が近いため夫婦の生活サイクルは近いのかなあとか
福岡県の男性は37位だけど女性は14位かあ…とか
見える数字からいろいろ妄想を膨らませていたりします。

「睡眠時間を増やしたい」が大多数の声

さて、数値は変わって博報堂生活総研の「生活定点」調査。

「どのような時間を増やしたいですか?」という質問に
2018年の調査では「睡眠時間」と答えた人の割合が
過去最高の60.0%となったそうです。

興味深いのが、地域差も男女差も年齢差も関係なく
総じて「睡眠時間を増やしたい」と回答した人が増えている、ということ。

年代別に分けた時、「睡眠時間を増やしたい」と思っている人の
占有率は異なるものの、総じてどの年代も増えているというのは看過できません。

みんな「睡眠時間を増やしたい」と思いつつ削ってしまっている現状
その背景にはいったいどんな事情があるのでしょう。

快眠セラピストの三橋美穂さんの言葉
「眠ることにも意志が必要な時代」
とても考えさせられるのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする