睡眠不足上位ランキング地域見る様々な原因

さて。

前回の記事「睡眠不足が多い都道府県ランキング2018」について。

ニュースソースとなったダイヤモンドオンラインの記事には
都道府県男女別、睡眠不足の傾向性が書いてあったのが
個人的にはとても興味深かったです。

ひとくちに「睡眠不足」といっても
いろんな原因があるということを語っています。

睡眠不足の子ども

睡眠不足上位ランクイン都道府県に見る特徴

「睡眠不足が多い」都道府県ランキング【完全版】を基準に、睡眠不足上位ランクイン都道府県の特徴を追ってみたいと思います。

【 睡眠不足:男性2位・女性3位】沖縄県

ああ、私、沖縄、好き。

個人的には、沖縄が男女とも睡眠不足なのって
なんとなくイメージ湧きます。

だって、夜楽しいもの。沖縄。

沖縄県では男女ともに、「寝つきが悪い人が多く、12時前の就寝習慣が少ない」「朝食習慣が極端に少ない」「湯船に入る習慣が少ない」「深酒をする習慣が多い」「歩く習慣やスポーツ習慣が少ない」「趣味に割く時間が多い」ことがわかる。


 このことから、沖縄という暑い土地柄も影響しているのか、運動、入浴など、身体の入眠準備につながる行動を取る人が多くないこと、また夜の時間を趣味やお酒に割く人が多いこと、朝の行動意識が低いことが睡眠不足に繋がっていると推測できる。

ダイヤモンドオンライン/「睡眠不足が多い」都道府県ランキング【完全版】
  • 寝つきが悪い
  • 12時前の就寝習慣が少ない
  • 朝食習慣が極端に少ない
  • 湯船に入る習慣が少ない
  • 深酒をする習慣が多い
  • 歩く習慣やスポーツ習慣が少ない
  • 趣味に割く時間が多い

なるほどなるほど、たしかにこのような生活であれば
睡眠不足になりそうです。

【睡眠不足:男性】1位徳島県・3位島根県

男性の睡眠不足上位ランキング1位徳島県、3位島根県。

近いような遠いような微妙な距離感。

両県のデータを読み解くと、「趣味時間が多い」「ギャンブル(パチンコなど)の行動者が多い」「動画視聴の時間が多い」「日常の屋内外運動(歩く、ジムなど)やスポーツ習慣が少ない」といった傾向が浮かび上がる。


 すなわち、時間を趣味に使う一方で、運動習慣があまりないことで身体の疲れにつながらず、睡眠を浅くしてしまっている可能性がある。

ダイヤモンドオンライン/「睡眠不足が多い」都道府県ランキング【完全版】
  • 趣味時間が多い
  • ギャンブルに時間を費やす
  • 動画視聴の時間が多い
  • 日常の屋内外運動やスポーツの習慣が少ない

インドアな趣味を持つ人口比率が高いんですかねえ。

【睡眠不足:女性】1位山梨県・3位佐賀県

女性の睡眠不足上位ランキング1位山梨県、3位佐賀県。

関東は富士山のある山梨県と、九州の佐賀県。
緯度経度的には、一切関連性を感じません。

が、女性の睡眠不足には共通項があるそうです。

「朝から疲れている人や、就寝中に起きてしまう(中途覚醒)の人が多い」「勤務時間が長い」「屋外の運動習慣が少ない(歩く、屋外スポーツ)」「夕方以降のカフェイン摂取への注意が低い」「デジタル(SNSやスマホ操作)関連の時間が長い」「視覚に優しい環境づくり(部屋など)の意識が低い」
という傾向が見られた。


 すなわち、上記のような行動(スマホ使用、カフェイン摂取、眼精疲労)から、中途覚醒が多いために脳が興奮した状態で入眠していると推測できる。また運動習慣があまりないため、脳は疲れているが、身体の疲労が低く、睡眠が浅い可能性もある。

ダイヤモンドオンライン/「睡眠不足が多い」都道府県ランキング【完全版】
  • 朝から疲れている人が多い
  • 中途覚醒の人が多い
  • 勤務時間が長い
  • 屋外の運動習慣が少ない
  • 夕方以降のカフェイン摂取への注意が低い
  • デジタル関連の時間が長い
  • 視覚に優しい環境作りの意識が薄い

男性陣は睡眠時間を割いて「趣味」に充てていたところ
女性陣は「仕事」のようです。

勝手な推察ですが、「家事」は当たり前に女性がやるので
男性は趣味に時間を割けるのかなと。

女性は仕事の時間が長いというよりも
家事の負担が少なかったら
今のまま仕事してても睡眠時間がとれたりするんじゃないかなと
勝手な推察ですが、そんな風に想像してしまいます。

睡眠不足な人によく見られることをまとめてみる

さて、これまでに男女別上位の特徴を並べてきましたが
列挙しながら気づきました。

これらの特徴は
「身体的不具合・睡眠時不具合」と
「生活習慣」の2つに大別されるな、と。

というわけで、中身自体は繰り返しになりますが
ちょいとカテゴリ毎に分けてみていきたいと思います。

睡眠不足な人の身体的不具合・睡眠時不具合

  • 寝つきが悪い
  • 朝から疲れている人が多い
  • 中途覚醒の人が多い

うわあ、これ、過去の私だ。

皆さんの中にも「自分のこと!?」って思っている方いらっしゃいませんか?

私自身がかつて、睡眠不足でありながら
睡眠不足であることに無自覚だったので
こういった身体の不具合を「加齢のせい」だと信じて疑わなかったんですよね。

っていうか、睡眠に不具合が生じていることに気づかなかったというか。

っていうか、毎晩お酒を飲んで寝ており
お酒を飲まないと真夜中ギンギンに目がさえて
いろんな作業をしているような生活で…汗
(寝つきが悪いどころか、眠くならない)

朝から疲れているとか
身体中がむくんでいるとか
痩せないとか太りやすいとか
「歳のせい(加齢)」と信じて疑いませんでした。

もちろん加齢もちょっとは加担しているかもですが
ちゃんと睡眠とれていたら
夜あらがえないほどの眠気がやってくる上
朝からの疲れも、身体のむくみも
全然感じなくなるんですよね(まだ)。

と、いうことは、
睡眠不足な人に多い生活習慣を改めれば
良い睡眠がとれるのではないかな、なんて
思っちゃったりするわけです。

というわけで、次に
睡眠不足な人に多い生活習慣を見てみましょう。

睡眠不足な人の生活習慣・ライフスタイル

  • 12時前の就寝習慣が少ない
  • 朝食習慣が極端に少ない
  • 湯船に入る習慣が少ない
  • 深酒をする習慣が多い
  • 歩く習慣やスポーツ習慣が少ない
  • 趣味に割く時間が多い
  • 趣味時間が多い
  • ギャンブルに時間を費やす
  • 動画視聴の時間が多い
  • 日常の屋内外運動やスポーツの習慣が少ない
  • 勤務時間が長い
  • 屋外の運動習慣が少ない
  • 夕方以降のカフェイン摂取への注意が低い
  • デジタル関連の時間が長い
  • 視覚に優しい環境作りの意識が薄い

身体的不具合・睡眠時不具合が結局のところ
3項目に収まったのに対し
生活習慣については上記のように多岐にわたります。
(重複しているものもありますがそのまま順番に抜いています)

睡眠に関する勉強を勧めていくと
上記の生活習慣・ライフスタイルは
「そりゃあ、睡眠不足になるよね」
という一言が出ちゃいます。

要はですよ。

コレと真逆なことをすれば
睡眠不足解消への近道となるかもしれないわけですよね。

睡眠不足改善のために

  • 12時前の就寝習慣が少ない ←12時前に寝る
  • 朝食習慣が極端に少ない ←毎日朝食をとる
  • 湯船に入る習慣が少ない ←夜は湯船につかる
  • 深酒をする習慣が多い ←深酒しない
  • 歩く習慣やスポーツ習慣が少ない  ← なるだけ歩く、運動する
  • 趣味に割く時間が多い  ←時間を「決める」
  • 趣味時間が多い  ← 同上
  • ギャンブルに時間を費やす ←同上
  • 動画視聴の時間が多い←同上
  • 日常の屋内外運動やスポーツの習慣が少ない  ←運動する
  • 勤務時間が長い ←社畜になるな
  • 屋外の運動習慣が少ない ←運動する
  • 夕方以降のカフェイン摂取への注意が低い ←15時以降のカフェイン禁止
  • デジタル関連の時間が長い ← 時間を「決める」
  • 視覚に優しい環境作りの意識が薄い  ←日没後は優しい灯りで過ごす

うん。

正論。

「でも、無理ゲー」
と思ったあなた。

全部を一気にやる必要はありません。

できることから少しずつ。

取り組めそうなことから少しずつ。

たとえば私は、お酒を断つことはできませんが
「深酒」はしないように気をつけています。

会食の機会には、お相手をして日付変更線を越えることもありますが
日常はなるべく23時には寝るように心がけています。
(ただ、最近夜遅くまでの二次会・三次会が無駄だと思うようになりました…)

「社畜になるな」とか言っちゃったりしましたが
もしもあなたが人事・労務に携わっているのでしたら
ご自分の生活に支障を来すようなことを
職場のスタッフに課してはほしくないです。

で、権力がなければ「提案」をすることくらいは
行動を起こせるんじゃないかな、とか。
(ご相談承ります)

まずはできることから始めてみませんか?

良い睡眠を自分のものにできたら
私のように、二次会・三次会を無駄に思いはじめるなど
睡眠に支障を来すようなものを
自ずと遠ざけるようになってしまうはずですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする