【睡眠講座】フリースクール WING SCHOOL

フリースクールという形式の学びの場へ、初めて足を運びました。

きっかけは小学5年生の一人の発案

小学5年生の男の子からある日
「フリースクールのウイングスクールに通う○○です。睡眠講座をしてほしいです」
と電話がありました。

「おぉっ!?」と話を聞いてみます。

授業の一環としての申し出とわかりました…が、
この子一人で思いついて電話をしてきたのか
それとも近くにちゃんと先生がいるのか
ドキドキしながら話しつつ、質問して答えを引き出しつつ…。

とにかく男の子から現在の情報を引き出そうと話し
「うん、話を受けること自体はまったく喜ばしいことなので
受けることを前提に、こっちから電話をかけ直して
先生に詳細の確認を取りながら詰めていけばいっか」と
腹が決まったところ、電話の相手が先生に替わりました。

きっと、生徒の自主性を最大限に尊重し
またできうる限りのことを自分の力でさせようという方針で
いらっしゃるんだろうなと感心しきりでした。

手作りのウェルカムボード

当日まで会場の下見や詳細打ち合わせがなかったため
セッティングをするのに早めに会場を訪ねたところ…
お手製のウェルカムボードを発見!

心がほっこり~(^^)

睡眠のメカニズムと今日から始める8つの習慣


講座は「睡眠のメカニズムと今日から始める8つの習慣」と題し

  • 朝太陽の光がもたらす幸せ効果
  • 学習・運動・健康に睡眠がもたらすメリット
  • レム睡眠・ノンレム睡眠それぞれの働き
  • 今日から取り入れたい生活習慣、入眠を良くする豆知識

などをお話しました。

事前にどんな話を聞きたいかヒアリングしていたため
結構力を入れて資料作ってたもので
盛り上がってくれたことがとても嬉しかったです。

終了後は保護者の方と盛り上がる

60分の講座を終え、片付けを始めたところ
講座を聴いてくださったお母様方や
生憎講座の時間には間に合わなかったけれども
とても話を聞きたかったというお母様方と
お子様の睡眠を中心に話が盛り上がりました。

1人の方は、お子さんが「起立性調節障害」と診断されたお母様でした。

「起立性調節障害」というのは思春期の子どもに罹患が多く見られる
睡眠に関わる病気の一つです。

罹患している本人が一番苦しい。
でも、病気を患う我が子を見る、親の心も苦しい。

少しでもその苦しみを除いて
ともに未来を見据えていけるよう
睡眠改善インストラクターとしてサポートしたいと
改めて決意したのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする