【睡眠講座】熊本県立湧心館高等学校

熊本県立湧心館高等学校へ行って参りました。

進路の決まった3年生へ

実はここ、私が学生時代に非常勤講師として
勤めたこともある学校だったりします。
(本当は、学校の先生になろうと思って大学へ進学したはずだったのに
なぜ今こんなことになっているのだろう)

とはいえ、私は定時制の国語教員だったので
この日の全日制の生徒さんとはまた雰囲気がちがい
全然別な学校みたい…。

というか、湧心館高校については
私服で通う単位制の高校というイメージを持っていたのですが
この日全員制服!!びっくりしました~。

先生に話を聞くと、「式典や外部講師を呼ぶ時は制服着用」なのだそうです。

まあそんなこんなで今回の睡眠講座。
進学・就職を控えた3年生に向けて行わせていただきました。

「もうすぐ進学・就職を控えた高校生のための睡眠講座」

タイトル、まんまだ!!
というツッコミはなしの方向で。。。

眠ることって、上手・下手はあるかもしれませんが
「誰でもできること」でもあるため
睡眠に対してプライオリティを高く設定している人は
存外少なかったりします。

でも睡眠って、本当に私たちのパフォーマンスの高低に
密接に関係しているんですよ。
これって、パフォーマンスが低い状況と高い状況と
両方を味わっていないとわからないことかもしれません。
ずっと高い状態をキープしていても
低い状況を続けていても
それが「当たり前」と思っていて、睡眠との関連性に意外と気づきにくい。

私自身が、前職でずーっとパフォーマンス低い状況を続けていて
それが「当たり前」だと思っていて
ムーンムーンに転職し、睡眠を大切にする生活を送るようになって
はじめて「以前のあのポンコツ具合は、私がポンコツなんじゃなくて
私の生活がポンコツだったんだ」と知ったのです。

自身がそのように体験しているからこそ、多くの人に
朝起きて、目から光を浴びることの大切さ
体内時計を整えることの大切さを知ってほしいと
常日頃思っています。

「当たり前」と思われていることだからこそ
別な角度で聞き手の興味があることを交えながら
睡眠についての話をするのです。

学生さんであれば「記憶力」とかですね。

今回は記憶の流れからレム睡眠・ノンレム睡眠の話がやっぱり
皆さん一番興味を持って聴いてくれたかな~という感じがします。

約45分の講座、生徒の皆さんどのように聴いてくださったのでしょうか。

後日アンケートが届くということで楽しみにしています。

ちなみにこの日、3年生の学年集会でお話をすることになっていたのですが
修学旅行に行けなかった2年生10名ほども
自主的に「聴きたい」と参加いただきました。

睡眠に対して興味が高い生徒さんもいる…
逆に言えば、睡眠に何らかの悩みを抱えている
生徒さんもいらしたのかなあなんて推察します。

聴講する方が聴きたいであろうことにフォーカスして
講座を組みますので
興味のある方はぜひお招きください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする